萩市 九郎ヶ里ブログ〜田んぼと人と音楽と

刈り取り

萩市佐々並も秋らしくなり、九郎米の刈り取りが始まりました。

あと少しで、新米を届けできます、楽しみにお待ちください。

 

収穫前の九郎米

いよいよ収穫です、今年は、梅雨の時、雨が少なく、夏の時期は、毎日が30度を超え

雨が降るときは、大雨になりこれまでとは違う1年になりました。

このような環境で育てた九郎米、収穫が楽しみです。

九郎米(7月)

5月2日に移植した九郎米に穂が出始めました。

今年は空梅雨で雨が少ない状態が続いています。

毎年同じように作っても、自然が相手なので同じものがなかなかできません、

そこが面白いところかもしれません。

九郎米

限られた田んぼに植えてある九郎米(コシヒカリ)です。

化学肥料を使わず、堆肥のみで栽培をしています、ここは標高400メートル近くあり、

大変おいしいコメが取れます。

1枚の棚田ですし米(日本晴)を作っています。日本晴は加工米に使用されますが、

ここでは化学肥料を使わず、堆肥のみで作って、すし米として販売しています。

コシヒカリと違って粘りがなく、料亭でシャリ米として使ってもらっています。

田植え

萩市佐々並も田植えが始まり、ここ黒ヶ谷地区の九郎米も田植えが始まりました。

これから、水の管理、草刈りに追われます。

 

忙しくなってきました

萩市佐々並に、八重さくらが咲き始めました。

5月の連休には、田植えが始まります。今年も忙しくなりそうです。

山口県萩市佐々並にも春が来ました、佐々並小学校グランドに咲く桜です。

今年の桜は、花が少なめです。

田植えの準備で忙しくなります。

始めました

精米したコメは、どうしても劣化していきます。

いつまでもおいしいコメが食べたいお客さんのために、300g(約⒉合)入りの

真空パック詰め「九郎米」を販売することにしました。

山口県萩市佐々並黒ヶ谷地区で収穫したおいしいコメを、いつまでもおいしいままで食べていただきたい。

300g入りⅠパック400円、価格は少し高くなりますが、いつまでも美味しくいただけます。

 

棚田

山口県萩市佐々並黒ヶ谷地区にある棚田です。

ここに来ると、生活音はせず自然を感じることができます。

残しておきたい情景です。

最近の記事

アーカイブ

Archives

このページの先頭へ