萩市 九郎ヶ里ブログ〜田んぼと人と音楽と

九郎米の高木です,お世話になります。

萩市佐々並も秋本番です、誰も管理する人がいなくなったゆずの木です。

限界集落ではこういう風景は、いたるところで見ることができます。

昔の人がこの風景を想像したでしょうか?

 

収穫の後

九郎米の高木です、お世話になります。

収穫が終わり、山口県萩市佐々並黒ヶ谷地区の初冬の仕事、土に力をつけるため、化学肥料を抜くために堆肥と稲わらを漉きこみます。

化学肥料を一切使わず、堆肥のみでコシヒカリを作る、これが我々行っている農業です。

化学肥料が抜けるまで、5年かかるといわれています。

私たちがお届けしている九郎米は7年以上堆肥のみで栽培したものです、収穫量は少なくなりますが

安全、安心、そしてお美味しい九郎米ををお届け召するため、私たちはお客様の顔が見える農業、信頼される農業を目指している九郎ヶ里振興会です。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

来季に向けて

刈り取りの終わった、田んぼに堆肥の散布です。

私たちの田んぼは、堆肥のみでコシヒカリを栽培しています。

安全なコメをお届けするため、5年以上堆肥のみで作っています。

そのため「安全なおいしいコメ」、こだわりを持って作った九郎米が生産され、

皆様から喜ばれていますが、今年(30年産)は、夏場の暑さのため、例年の7割程度の収穫がありません、そのため販売の依頼をお願いしている道の駅さんへは、大変ご迷惑をおかけしています。

来季の天候を祈るばかりです。

 

特選九郎米の刈り取り

山口県萩市佐々並黒ヶ谷地区の特選九郎米田、粘土質の田んぼのため毎年刈り取りに苦労しますが

今年の夏は雨が少なく田はよく乾いており助かりました、夏の暑さわかりませんが、収量が少なく

10アール当たり60kgの減収です。

味は濃厚に出来上がっています、あと2日で出荷できます、楽しみにしていてください。

 

九郎米の刈り取り

九郎米の刈り取りが始まりました。

今年は、品質はいいのですが、収量は、いまひとつです。

 

助っ人

我が集落に現れえた助っ人です。

ここ萩市佐々並の黒ヶ谷集落には、猿やイノシシの被害に毎年あいいます。

限界集落では人手がなく、カカシさんの手を借り田んぼの見張りをしてもらいます。

サルも、見たことのない人がいるのでびっくりするかも、何もしなければサルの餌、

何かをすれば効果はあると思います。

 

 

特別栽培米

除草剤を使わないで栽培を避けてしている、コシヒカリ画像で見ると青く元気なのが、クログワイという

雑草です,九郎米の養分を取られた中でも稲穂を出し子孫を残そうとしています。

来年度は対策を考えなくてはなりません。

来月に入れば刈り取りが始まります。

特別栽培米

30年前の機械、除草剤を使用していないので雑草処理のため、使ってみることにしました。

組合員の吉山さんに手伝ってもらい草取りをしました。

赤土粘土質の土は、田んぼの中を歩くのが大変です、膝関節が炎症を起こしそうです。

美味しくて安全なコメ特別栽培九郎米を作るには、大変な人力がかかります。

 

特別栽培米

特別栽培特選九郎米の田植えが終わり20日経ちたくさんの雑草が出てきました。

九郎米の成長を妨げ、放置すれば減収、これを人の手で取れば莫大な人件費がかかります。

今しばらく様子を見るつもりです。

 

最近の記事

アーカイブ

Archives

このページの先頭へ